2017年10月01日

「ホームランド」 シーズン6

Homeland 6
2016年・米<テレビドラマ>



ホームランド  シーズン6.jpg









【フムフム君はこう考えた!】



特にシーズン3以降は
回を重ねるごとに
サスペンス性、
アクション性が
強くなっていきました。



それが頂点に達したのが
前作のシーズン5です。



頂点に達したということは
ある意味、
ストーリーはひと段落。



キャリーは
CIAと縁を切って、
新しい仕事と子育て。


ソールは
再びCIAに身を置いて
自らの正義を貫こうとする。


クインは
サリンの後遺症のリハビリで
焦燥感がつのるばかり。



どう考えても
クインの死、
あるいはキャリーの手による
クインの安楽死で幕を閉じた
シーズン5の終わり方は
どうしてくれるのよ??
・・・・という件は置いといて。




主要人物たちの行動範囲が
狭くなってしまったことが
アクション性やサスペンス性を
希釈してしまったのです。





ストーリーは静かに、
そして最終話まで
淡々と進行していくのです。



本シリーズは
シーズン8で完結することが
宣言されています。



視聴率は上々です。
しかし、いつかは
終わらせなければなりません。



「24-TWENTY FOUR」シリーズも
人気があるがゆえに
引っ張りすぎて、
どこで終わらせればいいのやら、
落としどころが見つからないままに
スピンオフまで製作してしまって、
やっぱり横綱はキレイに引退しないとね、
ということを
改めて学ばせていただいた次第で・・・・




シーズン6の静けさは
おそらくは次作への
重要なブリッジとなるはずです。



約束の地、
ニューヨークで
のっぴきならない物語が
待っている。



それがシーズン7と
ファイナルシーズンであることを
確信してしまいます。









【スポンサーリンク】













【ストーリー】

CIAという一大組織との
複雑な駆け引きを繰り返しながら、
ベルリンで起こった未曾有のテロ計画を
直前で食い止めたキャリー。
しかし、その中で
犠牲となった元同僚クインは、
生死の境をさまようことになった。



それから数ヶ月。
アメリカに戻ったキャリーは、
ニューヨークで不当な扱いを受ける
イスラム教徒たちを保護する組織に身を置き、
新たなスタートを切っていた。



時を同じくして、
米国初の女性大統領誕生の日を
迎えようとしていたその地では、
CIAの恩師ソールと策士アダルが、
側近的立場として任務に携わっていた。


一方、なんとか
一命を取り留めたクインは、
帰国を果たすものの、
今後の生活との葛藤の日々が始まり・・・。


9.11から15年、
より一層複雑化した国際情勢の中で、
新たな大統領の就任は、アメリカに、
そして世界にどんな影響を及ぼしていくのか?


ニューヨークという因縁の地で、
キャリーの終わりなき戦いが
また始まる・・・!!






【スタッフ】



製作総指揮

ハワード・ゴードン
「24-TWENTY FOUR-」シリーズ、
「X-ファイル」、「エンジェル」



アレックス・ガンサ
「24-TWENTY FOUR-」シリーズ、
「NUMBERS 〜天才数学者の事件ファイル」、




【キャスト】


キャリー・マティソン…
クレア・デインズ

ソール・ベレンソン…
マンディ・パティンキン

ピーター・クイン…
ルパート・フレンド








 
posted by フムフム君 at 00:00| 海外のドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする